有担保の事業ローンについて

有担保の事業ローンでは不動産を担保にします。この際、その不動産はローンによる貸出額に見合った価値のあるものとするのが普通です。万が一、借入金が返せないという状況になった時に担保を使ってその借入金を弁済するというものです。有担保の事業ローンは金利が安く、借入額の上限が普通よりも高いという利点があります。大きな借入金をする場合に、借り入れの金利がものすごく大事になります。

 

事業ローンの金利が年5%と年8%の2つのローンがあるとしましょう。金利の差は3%と少しで、あまり大差無いように感じるかもしれません。5000万円を借り入れ10年で返済するローンを考えてみると、年間の返済総額は5%で642万円、8%で732万円と、実に90万円もの差が生じてしまうのです。金利をできるかぎり安くすることができるかどうかが、事業ローンを借りる際の眼目となります。事業ローンを申し込む場合には、借りることが出来るかどうかの審査があります。

 

営業を始めていた後にローンを組もうとしているのなら、直近の決算書が必要になります。事業ローンを借りて開業資金にするつもりであれば、事業計画書を提出することが必要です。同じ事業ローンでも、申込みをする金融機関によって、ローンの金利や審査内容も異なる為、それぞれメリットもデメリットがあります。事業ローンについては事前に情報を集め、そのローンの利点や欠点を把握した上で、他金融機関のものと比較して選ぶようにすることです。

 

 
渋谷で脱毛ならミュゼ渋谷